わたしたちは皆様方の「健康寿命の延伸」という大きな課題に取り組むに当たり、「本物の普及を通して、高齢化社会を日本の強みにする!」という企業理念のもと、健康増進・疾病予防、疾病の早期発見に役立つ商品をお届けします。

お知らせ

内閣府の革新的研究開発推進プログラムに入選しました

2015.10.08

内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生 活の実現」(プログラム・マネージャー:山川 義徳)の「Healthcare Brainチャレンジ」において、脳の健康促進の観点から革新的なアイデアとして、弊社の美しい脳プロジェクト「脳のいきいき健康教室」が入選しました。

「Healthcare Brainチャレンジ」は、脳の健康促進の観点から、非医療分野の製品やサービスに関する革新的なアイデアを幅広く募集する取り組みです。

コンテスト初年度である2015年度は、49件の応募があり、12件の提案を入選アイデアとして採択されました。

※科学技術振興機構のページへ移動します

<認知症短期リハビリ加算>

介護保険制度の改正により、老人保健施設やリハビリ型デイサービスの介護報酬も大きく削減されます。折しも、認知症対策が国家プロジェクトとして発動され、下記の厚生労働省の資料に有る様に、従来からの認知症短期リハビリ加算は拡充の方向が示されています。

当社では、こうべ健康大学と連携して、エビデンスのある認知症に関するアセスメントツールと改善プログラムを組合せた「脳のいきいき健康教室」をご提案する事で、利用者様の在宅復帰の目的をスムーズ達成できるようお手伝い致します。

高齢者施設における認知症短期リハビリ加算について

 

<サプリメントの取扱いについて>

医療機関でのサプリメントの扱いについては、保健所によって指導が異なっていましたが、取扱いについて問題無いという6月の閣議決定を受けて、その旨の厚生労働省より通達が発せられました。但し、サプリメントの効果効能についての表示については、来年4月に向けて法制化が進んでいますが、現在は従来通りの薬事法上の規制は継続しています。

医療機関におけるコンタクトレンズや医療機器やサプリメント等の食品の

  販売について(厚生労働省医政局)

 

<ストレスチェック>

企業における「うつ」の問題は、近年深刻な社会問題となっています。その対策として、厚生労働省では様々な取組みがされています。当社では来年のストレスチェックの義務化に合わせて、産業医の先生方も評価されている最新の医療機器を揃えています。

ストレスチェックの実施が義務化されます

 

製品やサービスに関するお問合せは、下記までどうぞ

TEL 078-303-2340

FAX 050-3488-5429

Mail info@doc-p.com

株式会社ドクタープラネッツ

〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町4-1-1 ポートアイランドビル6F

医療従事者の方へ

介護従事者の方へ

  お問合せ・資料請求

TEL 078-303-2340

平日9:30~17:00